日舞西川流)
1964年夏ゆかた踊りで供奴を舞う
独身時代、最後の記念写真
(早稲田大学講堂にて) 

新舞踊代替を頼まれる
(市原市民会館)
幕張プリ700名の観客前に
女性プロお相手にタンゴ踊る
フラメンコを踊ってる
ステップ音が聞えず残念
13年間チャンピオン続けた
世界ラテンダンサーとご一緒に


故作曲家 山路進一(右端、宗右衛門町ブルース)を囲んで↑
2008/11/3
山路先生との想い出

東京(住吉)スタジオの最後のレッスンでした
・・・平素はピアノご指導・・・
その時は最初からカラオケだったので不思議に感じたが
まさか次の日に脳梗塞にて、入院になるとは・・・(涙)
言葉も普通だったし以前も同じ病を伺っていたので
仕事で千葉へ居らしゃる時は運転手させて頂き車中は
諸々の話題で盛り上がり楽しくて幸せな時間でした

それが・・・レッスン中に手の痺れに全く気がつかず
ご指導受けていたことに今も残念で悔やんでいる

2000年10月ご逝去68歳
(葬儀、一周忌、三回忌に参列)
一周忌は鎌倉墓地へ
ご家族、昔からの先生仲間とご一緒させて頂きました、
その墓地は鎌倉墓地頂上にあり素晴らしい景観で
当日はどこまでも晴れ渡り雲雀さえずり、まるで先生が
即興曲奏でているように感じて全員で聴き惚れました

会席場所は「山路」という店で
ご本人が大変に気に入って
墓参の折には必ず寄られた店だと匂子さん(奥様)に伺い
先生の遊び心を感じながら・・・和やかなご法要でした


平成14年8/27 作曲家「山路進一」三回忌発起人作は
親友の詞家星野哲郎↑港区白金台にて大勢の作曲&
作詞家お仲間参列の厳かで素敵な偲ぶ会(法要)でした

(その星野作詞家平成22年11月15日ご逝去)
右の女性は友人の 作曲家南條氏(故)..夫人で 
左は作詞家 松井由利夫(きよしのズンドコ節など...)
今、最も売れている作詞家で、私⇔ままりん撮影

作詞家 松井由利夫悲しいお知らせ↓
2009年2月19日午前8時45分ご逝去
山路進一曲 「そんな夕子にほれました」増位山
向かって右側の肩下あたりに私がご一緒に写って
いますが余り小さいのでバランス悪さに消してます
↓2004/7/23(金)映画「わらびのこう」受賞パーティー(赤坂プリンス)
悦子さん
       樋田慶子さん
中原ひとみさん
原 知佐子さん